涼を呼ぶ間隙
e0022339_1136569.jpg



晒しの麻暖簾を透かして
晴れ上がった夏の空が
庭木越しに輝く

真夏の熱気と私との間に拡がる
不思議な間隙が
どこからか
涼しげな風を呼び込んできた








 栃木県県央部はなかなかの蕎麦所で、古くからの店に並んで、新進気鋭の蕎麦屋が沢山生まれてくる地域でもあります。
 今回、ちょっとした旅に出たついでに、伝手を頼って、鹿沼市茂呂にある「手打ち蕎麦・蕎花」を訪ねました。
 この地の周辺は韮の産地でもあり、その韮と蕎麦とを絡めた「韮蕎麦」なるものを食してきました。ちょうど笊蕎麦に茹でた韮をまぶしたような仕上がりで、食したのは初めてですが、韮と蕎麦とがフィットするなぁと、意外な組み合わせに新鮮な驚きを感じました。

 美味しい食事を味わった後、店の外に出ようとすると、晒しの麻暖簾越しに、眼を射るような夏の陽射しが迫って来ました。
 夏の熱気と自分との間にある麻暖簾の作る空間が、その強烈な陽射しを和らげ、涼しげな空間を作っていました。
 思わずカメラを構えて、パシャリ。
 彩度を高めに、コントラストを低めに抑えて、青い夏空と涼しげな麻暖簾との組み合わせを表現してみました。



☆ Shooting Data
------------------------
○ camera : CANON EOS 20D with Olympus ME-1
○ lens : CANON EF-S 10-22 mm F3.5-4.5 USM
○ focal length : 19 mm ( compared to 35mm format : 30 mm )
○ shooting mode : Aperture-Priority AE
○ Tv ( Shutter Speed ) : 1/100 sec.
○ Av ( Aperture Value ) : F 4.5
○ ISO speed rate : 100


☆ Developing Data ( RAW )
------------------------
○ development : RAW image developed by SILKYPIX Developer Studio ver. 3.0.11.4
○ taste : manual
○ exposure compensation ( by camera ) : -1/3 EV
○ exposure compensation ( by developer ) : +1 2/3 EV
○ total exposure compensation : +1 1/3 EV
○ white balance : 5,024 K
○ color deviation : +9
○ sharpness : pure detail manual ( outline emphasis : 20/100, detail emphasis : 100/100, false outline control : 50/100 )
○ tone adjustment : faithful
○ saturation : a little vivid [ 1.09 ]
○ color mode : film color fortia
○ fine color controller : average
○ high light controller : manual ( color tone - brightness control : 15/100, saturation - hue control : 90/100, high light compensation : 80/100 )
○ dynamic range expansion : +4.5 EV


☆ Location & Target
------------------------
○ location : 手打ち蕎麦・蕎花 (鹿沼市茂呂)
○ target : 麻暖簾


---- [ the end of the message ] ------------------------

[PR]
by fudeen | 2007-09-17 16:48 | Pastoral Scenery
<< The dark side o... み~~ん、み~~ん >>